コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枯れる カレル

デジタル大辞泉の解説

か・れる【枯れる】

[動ラ下一][文]か・る[ラ下二]
草木が、水分などがなくなり、生命を保つことができなくなる。花や葉が変色したり、落ちたりする。「作物が―・れる」「葉が―・れる」
張りやみずみずしさがなくなる。本来の勢いがなくなる。「やせても―・れても」
人物や技術が練れて、深みが増す。円熟して、落ち着いた深い味わいが出てくる。「芸が―・れる」「―・れた人柄」
技術や製品などが、その登場から十分な時間が経ち、すでに問題点が出尽くし、解決も済んでいる。最先端のものではないが、不測の事態が発生しにくく、安定して動作することを意味する。「―・れた技術」
動物が死んで干からびる。
「葉のさま、花も、虫などの―・れたるに似て」〈・四〇〉
膿(うみ)が出て、おできの表面が乾く。
「督(かん)の殿の御瘡―・れさせ給ひつれど」〈栄花・峰の月〉
滅んでしまう。
「其人の徳にてらされて―・れぬ名をとどめしもあるに」〈鶉衣・蓼花巷記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かれる【枯れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 か・る
〔「涸れる」と同源〕
草木が水分を失って、生気がなくなる。 「植木が-・れる」 「花が-・れる」
(比喩的に用いて)本来の勢いがなくなる。朽ちる。 「やせても-・れても武士だ」
人柄や技芸が深みのある渋さをもつようになる。円熟する。 「 - ・れた芸」
人・虫・魚などが死んでひからびる。 「虫などの-・れたるに似てをかし/枕草子 40
傷口がかわく。かせる。 「督の殿々御瘡-・れさせ給つれど/栄花 嶺の月
[表記] かれる(枯・涸・嗄
「枯れる」は“草木が生気を失う。円熟する”の意。「花が枯れる」「痩せても枯れても」「枯れた芸」  「涸れる」は“水がなくなる。能力が尽きる”の意。仮名で書くことが多い。「泉が涸れる」「涙も涸れる」「情熱が涸れる」  「嗄れる」は“声がかすれる”の意。仮名で書くことが多い。「声が嗄れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枯れるの関連キーワード赤葉枯病(トールオートグラス)茎さび病(シロクローバ)葉さび病(シロクローバ)立ち枯れる・立枯れる朝菌は晦朔を知らず立ち枯れ・立枯れタンブルウイード尾羽うち枯らすサバンナ気候パラコート越年生植物多年生植物赤枯れ病霜枯れる末枯れる立枯れる根腐れ病葉枯れ病胴枯れ病音野暁

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯れるの関連情報