雨森精斎(読み)あめのもり せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雨森精斎 あめのもり-せいさい

1822-1882 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年5月22日生まれ。出雲(いずも)松江の人。大坂で篠崎小竹(しのざき-しょうちく),藤沢東畡(とうがい)に,昌平黌(しょうへいこう)で安積艮斎(あさか-ごんさい)らにまなぶ。松江藩藩校修道館の教授,侍読となり藩主より雨森の姓をうける。晩年は島根県平田で塾をひらいた。明治15年9月16日死去。61歳。本姓は妹尾。名は謙。字(あざな)は君恭。通称は謙三郎。別号に精翁,老雨。著作に「静嘉独語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android