コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪の女王

3件 の用語解説(雪の女王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

雪の女王

韓国のテレビドラマ。2006年11月放映開始(全16話)。アンデルセンの同名童話をモチーフとする恋愛もの。出演は、ヒョンビン、ソン・ユリ、イム・ジュファンほか。

雪の女王

米国の作家ジョーン・D・ヴィンジの長編SFファンタジー(1980)。原題《The Snow Queen》。ヒューゴー賞長編部門受賞(1981)。ローカス賞SF長編部門受賞(1981)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪の女王
ゆきのじょおう
Snedronningen

アンデルセンの童話。1844年作。アンデルセン童話としては最長編の一つで、七つの小話からなる。一は序章で、悪魔がすべてのものをゆがめて映すへんな鏡をつくり、それで神や天使をからかおうとするが、手が震えて落としたため、何千万ものかけらになり、それが目や心臓に入った人間にはすべてがあべこべに見える。二以下は、そんな破片の一つを心臓に入れたカイ少年が、やたらに理屈っぽくて、幼なじみの娘ゲルダにもじゃけんになり、ついに雪の女王にさらわれて雪と氷の国へ連れていかれたのを、ゲルダがあらゆる困難を超えて訪ね当て、その愛情で救い出す話。理知を排して愛の力を高唱している点に作者の精神をみることができる。[山室 静]
『山室静訳『アンデルセン童話集2』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪の女王の関連キーワード琥珀のひとみサイオン最果ての銀河船団ジョーンズの世界スターマン・ジョーンズ世界の果てティーターン遠き神々の炎楽園の崩壊レインボーズ・エンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪の女王の関連情報