コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪囲い ユキガコイ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐がこい〔‐がこひ〕【雪囲い】

雪国で、風雪を防ぐため、家の周囲を囲うこと。また、その設備。雪垣。 冬》「親犬や天窓(あたま)で明ける―/一茶
庭木を雪や霜から守るために、むしろやわらで囲うこと。また、そのもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきがこい【雪囲い】

( 名 ) スル
降雪の多い地方で風雪の害から守るため、家の入り口・周囲や庭木などを薦こも・簀などで囲うこと。また、その囲い。雪垣。雪構え。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雪囲いの関連キーワード雪覆い林雅子雪除け雪構え天窓風雪雪垣囲い降雪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪囲いの関連情報