コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪椿 ユキツバキ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐つばき【雪×椿】

ツバキ科の常緑小高木。本州の日本海側の雪の多い山地に自生。枝は低く垂れ、葉は広卵形。4、5月ごろ赤い花が咲く。寒さに強く、栽培もされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきつばき【雪椿】

ツバキ科の常緑低木。日本海側の多雪地帯の山地に自生。ヤブツバキに似るが花弁はやや薄く離生するものが多い。雄しべの花糸は鮮黄色。花に変異が多く、ヤブツバキと交雑し、多くの園芸品種が作られている。猿岩椿さるいわつばき。奥椿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雪椿 (ユキツバキ)

学名:Camellia japonica var.decumbens
植物。ツバキ科の常緑低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雪椿の関連キーワード新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬ヤブツバキ(藪椿)新潟県加茂市ヤブツバキ越乃雪椿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪椿の関連情報