コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野哲郎 ホシノテツロウ

3件 の用語解説(星野哲郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほしの‐てつろう〔‐テツラウ〕【星野哲郎】

[1925~2010]作詞家。山口の生まれ。本姓、有近(ありちか)。雑誌に投稿した詞が「チャイナ波止場」としてレコード化され作詞家デビュー。その後、「黄色いサクランボ」「函館(はこだて)の女(ひと)」「アンコ椿(つばき)は恋の花」「三百六十五歩のマーチ」など、多くのヒット曲の作詞を手がけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星野哲郎【ほしのてつろう】

作詞家。山口県周防大島出身。1946年,清水高等商船学校を卒業し日魯漁業に入社,遠洋漁業の乗組員となるが,腎臓結核を患い闘病生活を送る。53年,作詞家としてデビューするが当初はヒット作が出なかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野哲郎 ほしの-てつろう

1925-2010 昭和後期-平成時代の作詞家。
大正14年9月30日生まれ。漁船員を病気でやめ,闘病中の昭和27年雑誌「平凡」への投稿詞が「チャイナ波止場」としてレコード化される。34年の「黄色いさくらんぼ」につづき,「アンコ椿は恋の花」「函館の女(ひと)」「昔の名前で出ています」などのヒットを生む。平成8年日本作詞家協会会長。平成22年11月15日死去。85歳。山口県出身。高等商船(現・東京商船大)卒。本名は有近哲郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

星野哲郎の関連キーワード森毅大家裕河上民雄後藤仁郎築島裕水野清森本信男山本悟山本卓真

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星野哲郎の関連情報