コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野哲郎 ホシノテツロウ

デジタル大辞泉の解説

ほしの‐てつろう〔‐テツラウ〕【星野哲郎】

[1925~2010]作詞家。山口の生まれ。本姓、有近(ありちか)。雑誌に投稿した詞が「チャイナの波止場」としてレコード化され作詞家デビュー。その後、「黄色いサクランボ」「函館(はこだて)の女(ひと)」「アンコ椿(つばき)は恋の花」「三百六十五歩のマーチ」など、多くのヒット曲の作詞を手がけた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

星野哲郎【ほしのてつろう】

作詞家。山口県周防大島出身。1946年,清水高等商船学校を卒業し日魯漁業に入社,遠洋漁業乗組員となるが,腎臓結核を患い闘病生活を送る。53年,作詞家としてデビューするが当初はヒット作が出なかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野哲郎 ほしの-てつろう

1925-2010 昭和後期-平成時代の作詞家。
大正14年9月30日生まれ。漁船員を病気でやめ,闘病中の昭和27年雑誌「平凡」への投稿詞が「チャイナ波止場」としてレコード化される。34年の「黄色いさくらんぼ」につづき,「アンコ椿は恋の花」「函館の女(ひと)」「昔の名前で出ています」などのヒットを生む。平成8年日本作詞家協会会長。平成22年11月15日死去。85歳。山口県出身。高等商船(現・東京商船大)卒。本名は有近哲郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星野哲郎の関連キーワードさようならは五つのひらがな山口県大島郡周防大島町平野三度笠だよ人生は城ヶ崎ブルース自動車ショー歌村上 幸子辰巳真理恵淡谷幹彦北島三郎野村真美北の大地兄弟船雪椿星野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星野哲郎の関連情報