雪起こし(読み)ゆきおこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪起こし
ゆきおこし

冬季に日本海側でを伴って発生する雷鳴が寝ていた雪を起こすようであることからこう呼ばれる。また寒ブリの漁期にあたることから,沿岸地方では「ブリ起こし」ともいう。雷は太平洋側では夏に多いが日本海側では冬に多い。金沢の雷日数は 7月と 8月が約 3日であるのに対し,12月と 1月は 6~7日である。日本海側の冬季雷雲雲底の高度が低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

雪起こし

雪が激しく降る時や、降る直前に鳴る雷。富山湾では初冬の雷がブリを誘い出し、豊漁前兆となるので、ぶり起こしという。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android