コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林木 りんぼく

3件 の用語解説(林木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林木
りんぼく

(1) forest tree 造林の対象になる樹木。利用価値が高いこと,単位面積あたりの生産量が多いこと,幹がまっすぐで,上下の直径の差が少いこと,繁殖が容易で造林・更新を確保できること,病虫害への抵抗性が強く,環境条件に対する適応性がすぐれること,などの条件に合った樹木をいう。 (2) stand 森林をつくっている樹木の集団。一つ一つの樹木が相接して並び立ち,その樹冠 (クローネ) が閉鎖 (鬱閉) している。孤立している木に比べ,まっすぐで枝下が長く,節が少く小さい。上下の直径の差が少く,直径が大で,年輪密度が平等であり,林業の生産目的にかなった材になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんぼく【林木】

森林の木。特に、林業の対象となる木。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

林木の関連キーワードRSTPフゼインPlasticTree旭夏希東方神起酒井エレナ森の聖歌ランドスケープ大理石パライトイルゼ岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林木の関連情報