コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲井龍雄 くもいたつお

1件 の用語解説(雲井龍雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲井龍雄
くもいたつお

[生]弘化1(1844).3.25. 米沢
[没]明治3(1870).12.26. 東京
幕末~明治維新期の佐幕系志士。米沢藩士中島惣右衛門の次男で,のち同藩士小島才助の養子となった。通称は龍三郎。雲井龍雄は変名。慶応1 (1865) 年,江戸に遊学して安井息軒に師事し,朱子学陽明学を修め,のち藩の依頼で公武合体に奔走。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲井龍雄の関連キーワード藤堂良通森関山吉田耕雲弘化無名異焼旧公債石田平蔵鈴木素楓松永鉄五郎(3代)四国鶴

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone