コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲立涌 クモタテワク

デジタル大辞泉の解説

くも‐たてわく【雲立×涌】

平行した蛇行曲線の中に雲の形を描いた文様。親王または摂政関白の袍(ほう)や指貫(さしぬき)、女子の袿(うちき)などの文様に用いられた。くもたちわき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雲立涌の言及

【立涌文】より

…〈たちわく〉〈たちわき〉ともいう。東洋,西洋に古くからあるが,日本では間の空間に配した文様により雲立涌,梅立涌,波立涌,唐草立涌などと呼ぶ変化形がある。正倉院宝物には〈立涌花文暈繝風通(たてわくかもんうんげんふうつう)〉(奈良時代)がある。…

※「雲立涌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲立涌の関連キーワード有職模様立涌文立涌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android