コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子望遠鏡 でんしぼうえんきょうelectron telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子望遠鏡
でんしぼうえんきょう
electron telescope

電子管を利用して暗い天体やスペクトルの撮影をする装置。普通の望遠鏡の焦点面に光電面を置くと,光の明暗に応じて電子が飛出す。電子管内で電子を加速し,電磁レンズによって収束させると,結像面に置いたケイ光板を発光させたり,直接写真撮影することができる。この方法によれば,従来のものより,天体の明るさは 100倍に増大される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone