電歪振動子(読み)でんわいしんどうし(英語表記)electrostrictive vibrator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電歪振動子
でんわいしんどうし
electrostrictive vibrator

電歪を利用して電気振動を機械振動に変える素子。チタン酸バリウム,チタン酸ジルコン酸鉛などの強誘電体磁器にあらかじめ直流電圧を加えて分極させたものに交流を加えると機械的に振動する。磁器製なので任意の形状にすることができ,形状と分極方向の組合せにより希望の振動モードをもつ振動子を製作できる。 (→圧電素子 , メカニカルフィルタ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電歪振動子【でんわいしんどうし】

誘導体(絶縁体の液体,等方性の固体)に電場を加えたとき,電場の2乗に比例するひずみを生ずる現象(電気ひずみ)を利用し,電気振動を機械的振動に(またはその逆に)変換するために用いられる素子。バリウムBaTiO3などがよく用いられる。圧電素子と同等の性質を持ち,超音波の振動子,ろ波器用振動素子として利用される。→水晶振動子
→関連項目超音波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android