コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動子 しんどうしoscillator

翻訳|oscillator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

振動子
しんどうし
oscillator

微小な振動体を振動という性質にだけ着目したときに呼ぶ名称。振動が調和振動 (単振動 ) のときには調和振動子,その他の振動のときには非調和振動子という。振動子の特性は固有振動数で与えられるが,古典力学ではその振動状態は振幅位相によって指定される。結晶などを格子原子や格子イオンから成る振動子の集合体とみなし,量子力学で扱うことによって,比熱などの物性が理解できる。電磁場フーリエ分解して,各成分を調和振動子とみなすことができ,これらを量子力学的に扱ったものが光子である。電子や中間子などの素粒子は,素粒子場を同様に分解して量子化したときの量子とみなせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

振動子の関連キーワードクーン‐トーマス‐ライヒェのf総和則アインシュタインのモデルアインシュタインの比熱式チタン酸ジルコン酸鉛メカニカルフィルタ圧電セラミックスリバーエレテック燐酸アンモニウムオリエント時計レイリー散乱オシログラフ超音波内視鏡日本電波工業水晶フィルタ水晶・水精磁歪振動子f‐総和則水晶振動子水晶発振器振動子強度

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振動子の関連情報