コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁海流計 でんじかいりゅうけい

1件 の用語解説(電磁海流計の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

電磁海流計

電磁海流計とも呼ぶ。60m離れた二つの電極を持つ導線を、航行中の船の後方にくりだす。船の進行方向に直角な海流成分があれば、それによって地球磁場 (鉛直成分)をきって導線が流され、電極間に電位差を生ずる。表層にも海流によって同じ電位差を生じているが、海が十分深く下層に流れがなければ、1つの 閉回路ができ、電極間の電位差の測定から流速成分を求め得る。船をコの字形に操船することにより速度ベクトルを得る。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電磁海流計の言及

【GEK】より

…geomagnetic electro‐kinetographの略。電磁海流計と訳す。海流の流れを測定するための流速計の一種。…

※「電磁海流計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電磁海流計の関連キーワード電離箱正接電流計二輪分流器マクスウェルの電磁理論二つの海マクスウェルの電磁場方程式マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式ラムゼイ共鳴GEK

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone