コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田国際空港 なりたこくさいくうこうNarita International Airport

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田国際空港
なりたこくさいくうこう
Narita International Airport

千葉県成田三里塚を中心とする地域に建設された国際空港。2008年の空港法で定められた拠点空港会社管理空港で,旧第1種空港にあたる。東京国際空港(羽田空港)の発着容量が限界に達したため第2空港が必要となり,1966年新東京国際空港公団が発足して建設に着手した。しかし建設に反対する地元農民,学生,労働者の激しい抵抗や,燃料輸送ルートにあたる市町村の反対を受けたために当初の予定が遅れ,1978年5月20日,長さ 4000mの A滑走路 1本で部分開港した。東京国際空港の約 2.5倍,10.84km2の広さがある。2002年には長さ 2180mの B滑走路が暫定並行滑走路として供用を開始した。本来は 2500mの計画で,反対運動のため短縮され,2009年に 2500m化が実現した。3200mの横風用 C滑走路の建設計画もある。また旅客ターミナルその他の施設についても増築や改修工事が行なわれた。新東京国際空港公団は 2004年,成田国際空港株式会社となった。東京都心との距離は約 66kmで,その間を高速自動車道,鉄道(京成電鉄,東日本旅客鉄道)が結んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なりた‐こくさいくうこう〔‐コクサイクウカウ〕【成田国際空港】

千葉県成田市にある空港。会社管理空港の一。昭和53年(1978)新東京国際空港として開港。主として国際線の発着に使用。平成16年(2004)、空港を管理する新東京国際空港公団が民営化され、現名称に変更。成田空港。→三里塚拠点空港

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

成田国際空港【なりたこくさいくうこう】

第1種空港。新東京国際空港公団を民営化する成田国際空港株式会社法が2003年7月成立,2004年4月から空港名を新東京国際空港から改称され,公団は全額政府出資の株式会社となった。
→関連項目空港成田[市]成田空港反対闘争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

なりたこくさいくうこう【成田国際空港】

千葉県成田市三里塚にある空港。主として国際線航空機の発着を受け持つ。東京・羽田の東京国際空港の過密緩和のため、1978年(昭和53)に新東京国際空港として開港。2004年(平成16)に民営化され現名となる。成田空港。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成田国際空港
なりたこくさいくうこう

千葉県北部、下総(しもうさ)台地の中央にある国際空港。2004年(平成16)3月までは、正式名称を新東京国際空港といったが、同年4月1日から現名称となる。成田空港ともいう。新東京国際空港公団が建設し、引き続き2004年3月まで管理、同年4月からは同公団を改組した成田国際空港株式会社が管理している。成田市南東部の三里塚を中心とし、芝山町にまたがる。標高40メートル、1065ヘクタールの広大な土地に、1966年(昭和41)東京羽田(はねだ)から移転する新東京国際空港が計画され、78年の開港以来、第1期工事分550ヘクタールが利用されてきた。
 羽田空港の発着回数が限界に達して、航空審議会が1963年に新東京国際空港建設候補地として千葉県富里(とみさと)村(現、富里市)付近、茨城県霞ヶ浦(かすみがうら)周辺をあげ、調査の結果、霞ヶ浦が不適とわかると富里に決定をみた。しかし、地元民の強い反対にあって計画を変更せざるをえなくなり、66年、三里塚御料牧場があり、県有地が広い三里塚周辺に閣議決定した。この地は江戸時代佐倉七牧の一つ取香牧(とっこうまき)に属していて、明治以後に開拓入植が行われた所で、農家数も少なかったことが理由の一つでもあった。この決定についても、地元農民のみならず政党、学生を巻き込んでの反対闘争が展開され、以後78年5月20日の開港日までの12年間に、反対派、機動隊の両方に多数の血が流された。73年には長さ4000メートル、幅60メートルのA滑走路、管制塔、ターミナルビル、エプロンなど空港施設は完成したものの、千葉市花見川(はなみがわ)を経由する燃料輸送パイプライン敷設をめぐっての反対運動、その代替措置としての現JR鹿島(かしま)線での鉄道輸送についてなど新たな火種が次々とおこり、開港が大幅に遅れるとともに、第1期工事分のみの開港に落ち着かざるをえない状態となった。日本の空の表玄関としては、東京の都心から60キロメートル離れており、交通体系が問題であるとの意見が強かったが、現実にはJR東日本、京成(けいせい)電鉄がノンストップの電車を約60分で走らせ、また東関東自動車道新空港線や京葉道路、湾岸道路の高速自動車道も整備されて、リムジンバスも約70分で空港と都心を結び、交通は比較的スムーズに流れている。
 空港施設は、旅客ターミナルビル(現、第1旅客ターミナルビル)の両側に北ウイング、南ウイングが配されて4つのサテライトが旅客をさばいてきた。1992年(平成4)には、増加する旅客に対応するために第2旅客ターミナルビルが完成し、混雑が緩和された。2つのターミナルビルには出発・到着ロビー、出入国審査室、食堂、売店や見学者用施設が機能的に並んでいる。貨物ターミナルはジャンボ機12機が駐機できる能力を有し、貨物ビルや事務庁舎がある。飛行機は2003年現在1日平均465便が発着している。旅客は開業翌年から年間800万人を超え、1985年(昭和60)には1170万人を数えた。そのうちの約350万人は外国人であった。2003年度には旅客は2600万人を数え、うち外国人は約700万人に達するなど、世界第8位の地位を誇るほどである。魚・野菜の生鮮食品やダイヤモンド、IC(集積回路)製品、医薬品など多種多様な品物が輸出入されており、年間163万トン(2001)の貨物を取り扱っていて、貨物取扱量では世界で一、二を争っている。2001年3月現在、乗り入れ航空会社は37か国1地域、54社に及び、太平洋線、東南アジア線を中心として世界の87の都市と結ばれている。
 新空港開設に伴って周辺地域には外来資本や地元資本のホテルが建ち並び、機内食工場、航空会社従業員宿舎など空港関連施設が増加するとともに、空港の駐車場不足から周辺各地に地元民が経営する駐車場が開設されている。成田ニュータウンは日本航空をはじめ空港関係従業員のために開発された住宅地であるが、都市再生機構や県住宅供給公社の一般分譲住宅もある。また、空港建設の地元への見返り事業として道路が整備されたり、成田用水が引かれ営農資金が補助されて、農業の近代化が推進されている。東関東自動車道新空港線沿線では住宅地が開発され、内陸工業団地も建設された。航空機発着に伴う騒音対策については、騒音の大きさ、質、回数、時間などを総合した指標WECPNLが使われ、95以上の第3種区域では住宅の移転補償が図られ、90~95の第2種区域でも同様で、75~90の第1種区域では住宅の防音工事を行っている。第3種区域は成田市、横芝(よこしば)町、山武(さんむ)市、北は利根(とね)川を越えて茨城県河内(かわち)町にも及んでいる。空港公団は第2期工事分のB滑走路2500メートルと横風用C滑走路3200メートルの工事計画を樹立し、地元民との話し合いを進めてきたが、1994年(平成6)10月の成田空港問題円卓会議の最終意見を踏まえて、98年7月に運輸省(現、国土交通省)とともに「地域と共生する空港づくり大綱」を発表した。そこでは、平行滑走路を整備するとともに、環境保全や地域農業振興にも配慮した方策が示された。だが、平行滑走路の建設予定地には反対派地権者の土地が残っており、用地買収がなかなか進まないため、空港公団は99年9月、当初の予定より位置を北側に800メートルずらし、長さも2180メートルに短縮した暫定滑走路を建設する工事計画の見直しを行った。この暫定滑走路は99年12月に着工、2001年10月に完成し、2002年4月から供用された。[山村順次]
『清水馨八郎著『空の交通と新空港』(1979・大明堂) ▽新東京国際空港公団編・刊『新東京国際空港公団20年のあゆみ』(1987) ▽村山元英・石井新二編『成田空港と地域振興』(1994・文真堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

成田国際空港の関連キーワード成田空港に関する四者協議会かずさアカデミアパーク千葉県成田市三里塚御料印旛手賀県立自然公園千葉県香取郡多古町千葉県山武郡芝山町A380の成田就航千葉県成田市三里塚バードストライク成田ニュータウン千葉県成田市古込新空港自動車道ホテル日航成田NariTra中部国際空港航空気象台クウタンTCAT佐倉七牧下総台地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成田国際空港の関連情報