コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震檀学会 しんたんがっかい

1件 の用語解説(震檀学会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんたんがっかい【震檀学会】

植民地下の朝鮮で1934年5月に設立された研究会。李丙燾ら歴史学者を中心に,金台俊,崔鉉培,孫晋泰ら文学者,語学者,民俗学者も加わり,国学=朝鮮学研究の発展を目指した,朝鮮人自身による初めての組織である。史学史的には,植民地期の歴史研究の三大潮流,すなわち民族史学,実証史学,社会経済史学のうち,前2者に属する人たちが合流した組織であること,のちに朝鮮民主主義人民共和国の歴史学界において指導的地位を占めることになる金錫亨,朴時亨も,学界へのデビューはこの学会を通じてであったことなど,その幅広い研究者の連合戦線的な性格が注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

震檀学会の関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone