コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊潭 れいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊潭 れいたん

1689-1769 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)2年生まれ。浄土真宗本願寺派越中(富山県)明光寺(みょうこうじ)の了慶の子。京都にでて鳳潭(ほうたん),知空,慧空(えくう)にまなぶ。帰郷し,各地をまわって講義した。弟子に僧樸(そうぼく),僧鎔(そうよう)らがいる。明和6年6月13日死去。81歳。著作に「御絵伝教授鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

霊潭の関連キーワード7月13日

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android