霊潭(読み)れいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊潭 れいたん

1689-1769 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)2年生まれ。浄土真宗本願寺派越中(富山県)明光寺(みょうこうじ)の了慶の子。京都にでて鳳潭(ほうたん),知空,慧空(えくう)にまなぶ。帰郷し,各地をまわって講義した。弟子僧樸(そうぼく),僧鎔(そうよう)らがいる。明和6年6月13日死去。81歳。著作に「御絵伝教授鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android