コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞草(読み)カスミソウ

大辞林 第三版の解説

かすみそう【霞草】

ナデシコ科の多年草。ヨーロッパ・北アジア原産。観賞用に越年草として栽培し、切り花に多く使われる。高さ60センチメートル 内外。葉は披針形。夏から秋にかけ、枝頂に大形の集散花序をつけ、白色の小五弁花を多数つける。ムレナデシコ。
ホトケノザの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

霞草 (カスミグサ)

植物。イネ科の抽水性多年草,園芸植物。マコモの別称

霞草 (カスミソウ)

植物。シソ科の一~二年草。ホトケノザの別称

霞草 (カスミソウ)

学名:Gypsophila elegans
植物。ナデシコ科の耐寒性一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霞草の関連情報