霧中信号(読み)ムチュウシンゴウ

大辞林 第三版の解説

むちゅうしんごう【霧中信号】

霧などで視界不良のとき、衝突防止のために船舶や灯台の発する音響信号。汽笛・号鐘などによって行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧中信号
むちゅうしんごう

海上衝突予防法によって規定されている信号の一つで、のなかを船舶が航行する場合に、レーダーを使用していると否とにかかわらず行わなければならない、音響を発して行う信号。その音響は、汽笛または機械的な方法によって発する有効なフォグ・ホーン(継続音を発する号笛)および号鐘によって発する。また、帆船、動力船の船種の別、あるいは航行中か停泊中かにより、帆船の場合には右舷(うげん)開きか左舷開きか、さらには運転の自由のない船であるか否かなどによって、その発声音に区別をつける信号が規則によって定められ実施を要求されている。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むちゅう‐しんごう ‥シンガウ【霧中信号】

〘名〙 霧のため視界が制限されるとき、船舶や灯台で鳴らす音響信号。汽笛・霧中号角などを用いて灯台や船の所在・行動を示す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android