青は藍より出でて藍より青し(読み)あおはあいよりいでてあいよりあおし

ことわざを知る辞典の解説

青は藍より出でて藍より青し

弟子が師よりまさっていることのたとえ。

[使用例] 門下の才媛たちの間で、「あいよりあおし」と定評されていたのは花圃であり、その花圃と並んでその才幹を着目されているのが一葉であった[宮本百合子*婦人と文学|1948]

[解説] 青色染料は、という植物から採取し、その色は原料の藍よりも青いところからいわれます。「荀子勧学」にあることばから。「しゅつらんほまれ」とも。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

青(あお)は藍(あい)より出(い)でて藍(あい)より青(あお)し

《「荀子」勧学から》青色の染料はからとるが、それはもとの藍草よりももっと青い。弟子が師よりもすぐれていることのたとえ。出藍(しゅつらん)の誉れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あお【青】 は 藍(あい)より出(い)でて藍(あい)より青(あお)

(「荀子‐勧学」の「学不以已、取之於藍、而青於藍、冰水為之而寒於水」から出た語。青色の染料は藍から取るが、原料の藍よりも青いの意から) 教えを受けた人が教えた人より優れること。弟子が師よりまさっていることにいう。藍より出でて藍より青し。出藍(しゅつらん)の誉。氷は水より出でて水より寒し。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android