青原(読み)あおはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青原
あおはら

島根県西端部,津和野町北部の旧村域。 1954年日原町と合体。 2005年津和野町となった。高津川に臨む。かつての川舟遡行の終点に近く,宿場町市場町,河港町としての機能を備え,水陸交通の要所として代官所も置かれていた。 1923年国鉄山口線の開通後は,高津川中流域の中心は日原に移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青原の関連情報