コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山氏 あおやまうじ

2件 の用語解説(青山氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あおやまうじ【青山氏】

三河出身の江戸時代譜代大名南北朝内乱のころ,三河に来て徳川氏の宗祖松平親氏に仕えた岩津譜代の家筋といわれるが不明な点がある。青山氏の三河譜代の部将としての活躍がみえるのは,史料上,家康の父広忠に仕えた忠門(ただかど)のときである。忠門は広忠死後,家康に近侍し,三河一向一揆などに戦功あり,元亀年代(1570‐73)には武田氏の岡崎侵攻にさいし,代々の領地百々(どうどう)村を要塞化して岡崎城防衛の任を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山氏
あおやまうじ

江戸時代の譜代大名(ふだいだいみょう)、旗本の姓氏の一つ。出自については不明な点があるが、忠門(ただかど)のときには松平広忠(徳川家康の父)に臣属していたことは間違いなく、当時の領地は三河国(愛知県)岡崎の北方にある額田(ぬかた)郡百百(どうどう)村であった。広忠の死後、一時今川義元(いまがわよしもと)の配下となったが、桶狭間(おけはざま)の戦いで義元の敗死後、元康(家康)に帰属。江戸時代に入って青山氏で大名となったのは、たびたびの国替(くにがえ)のあと丹波(たんば)篠山(ささやま)藩主となった青山氏宗家と、美濃(みの)郡上(ぐじょう)藩主(幸成(ゆきなり)系)の2家で、そのまま明治維新に至った。宗家の忠成(ただなり)は徳川氏の駿河(するが)、遠江(とおとうみ)、三河、甲斐(かい)、信濃(しなの)の五か国領有期以来、秀忠(ひでただ)の側近にあり、幕府の重臣(江戸町奉行(まちぶぎょう)、関東総奉行)となった。のち青山氏からは老中、大坂城代、京都所司代が出ている。[煎本増夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青山氏の関連キーワード守護大名奏者番詰衆譜代大名菊の間酒井城米外様大名三河衆御門番

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青山氏の関連情報