コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年ヘーゲル派 せいねんヘーゲルは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年ヘーゲル派
せいねんヘーゲルは

ヘーゲルの死後分裂したヘーゲル学派の一つで,ヘーゲル左派とも呼ばれる。この派の形成の端緒となったのは D.F.シュトラウスL.A.フォイエルバハらによるヘーゲルキリスト教論に対する批判であった。彼らは A.ルーゲが 1838年に創刊した『ハレ年報』によって思想集団を形成し,ヘーゲル哲学を現実的に乗越えようとした。これはやがてマルクス生み出す思想的土壌となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の青年ヘーゲル派の言及

【エンゲルス】より

…思想的転回は1838年ブレーメンで貿易商の見習をはじめたころから顕著になる。はじめ自由主義的文芸運動で頭角をあらわし,やがて哲学・政治運動の青年ヘーゲル派に接近,さらに41年からのベルリン滞在(1年志願兵)の間に青年ヘーゲル派の潮流のなかで共産主義思想に傾く。この共産主義を具体的な構想として定着させたのが42年末からのイギリス体験である。…

【ヘーゲル学派】より

…ヘーゲル哲学の後継者,批判者,研究者などの一般的呼称。ヘーゲルは,宗教と理性,教会と国家,自由と法の和解と調和を説く,プロイセンの国家哲学者としての役割を果たしていた。1831年ヘーゲルの死をきっかけとして,ヘーゲル哲学がかろうじてつなぎとめていたそれぞれの対立項は,ヘーゲル哲学への内在的批判という形で解体していった。ヘーゲル学派はD.F.シュトラウスの《イエス伝》(1835‐36)の公刊を機に分裂した。…

※「青年ヘーゲル派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青年ヘーゲル派の関連情報