コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木永章 あおき ながあき

3件 の用語解説(青木永章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

青木永章

江戸後期の歌人・国学者。京都生。青木永保の養子。通称は左京、号は玉園・秋の屋。本居大平に国学を、養父に和歌を学ぶ。長崎諏訪大社の神官、従五位上丹波守。弘化2年(1845)歿、59才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木永章 あおき-ながあき

1787-1845 江戸時代後期の国学者,神職。
天明7年生まれ。長崎の諏訪(すわ)神社の大宮司(ぐうじ)をつぐ。和歌をよくし,とくに長歌にたくみだった。中島広足(ひろたり),近藤光輔(みつすけ)とともに崎陽(きよう)(長崎)国学の三雄といわれた。弘化2年7月10日死去。59歳。京都出身。号は秋の屋,玉園。名は「ながふみ」ともよむ。家集に「玉園集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青木永章

没年:弘化1.7.10(1844.8.23)
生年:天明7(1787)
江戸後期の国学者。通称左京。号玉園,秋の屋。長崎諏訪神社第9代宮司として,文化14(1817)年から天保4(1833)年までの17年間在職した。従五位上丹波守。本居大平門人。長崎国学の中心的人物のひとりで,中島広足,近藤光輔と共に崎陽国学の三雄と称された。彼らとは兄弟同然のつきあいで,歌では年下の広足に学ぶところが大きかった。文政7(1824)年,香川景樹に入門し添削を受けた。息子の永古も景樹に学んでいる。歌集に『玉園集』(1841)があり,変わったところでは捕鯨を詠んだ『詠鯨歌』がある。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone