青竹色(読み)あおたけいろ

色名がわかる辞典の解説

あおたけいろ【青竹色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい青緑」としている。一般に、みがかかった色をさす染色の色。成長したの幹の色からとられた名称で、若竹色より色が濃く力強さがある。これに灰色が加わっていくと老竹おいたけになる。地鎮祭のとき敷地の一部を掃き清め、四方に青竹を立てて注連縄しめなわを張るほか、正月の門松も中心に青竹を据えるなど、青竹は日本の祭礼と深くかかわっている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あおだけ‐いろ あをだけ‥【青竹色】

〘名〙 (「あおたけいろ」とも) 青竹に似た色。青みを帯びた緑色。青竹。
※宮沢賢治歌稿‐明治四二年(1909)四月「ホーゲーと焼かれたるまま岩山は青竹いろの夏となりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android