青葉士弘(読み)あおば しこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青葉士弘 あおば-しこう

1703-1772 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年7月生まれ。江戸の聖堂(昌平黌(しょうへいこう)の前身)でまなび,享保(きょうほう)11年讃岐(さぬき)高松藩儒,のち記録所総裁をつとめる。製糖,製塩などの振興にもつくし,詩,書もよくした。明和9年3月16日死去。70歳。初名は直年。字(あざな)は道遠。通称は弁之助,伝兵衛。号は南洲。著作に「訓蒙要術」「帝王紀略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android