コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青葉士弘 あおば しこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青葉士弘 あおば-しこう

1703-1772 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年7月生まれ。江戸の聖堂(昌平黌(しょうへいこう)の前身)でまなび,享保(きょうほう)11年讃岐(さぬき)高松藩儒,のち記録所総裁をつとめる。製糖,製塩などの振興にもつくし,詩,書もよくした。明和9年3月16日死去。70歳。初名は直年。字(あざな)は道遠。通称は弁之助,伝兵衛。号は南洲。著作に「訓蒙要術」「帝王紀略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青葉士弘の関連キーワード青葉半山儒者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android