青銭(読み)せいせん

精選版 日本国語大辞典「青銭」の解説

せい‐せん【青銭】

〘名〙
銅の銭。あおせん。
※随筆・昆陽漫録(1763)五「青銭は即ち鍮金銭のことなるべし」 〔杜甫‐北鄰詩〕
② 蓮の葉を形容していう語。また、蓮の葉の上にたまった露。
※扶桑集(995‐999頃)九・賀菅秀才献策登料、不堪欣感贈以長句〈大江朝綱〉「紅桂枝高分種久、青銭価躍買声喧」 〔杜甫‐漫興詩〕

あお‐せん あを‥【青銭】

〘名〙 明和五年(一七六八)から発行の寛永通宝四文銭の俗称。材質が真鍮なので、当時通用の一文銭にくらべて青白く見えたところからいう。青四文銭。→赤銭
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「文久銭と鐚(びた)がまじれば〈略〉、二文たかい勘定、青銭(アヲセン)なればいぜんとどうやう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる