コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静める/鎮める シズメル

デジタル大辞泉の解説

しず・める〔しづめる〕【静める/鎮める】

[動マ下一][文]しづ・む[マ下二]《「沈める」と同語源》
物音や声を小さくさせる。静かにさせる。「場内を―・める」「鳴りを―・める」
勢いをそぐ。「火事を―・める」「波を―・める」
騒動や混乱をおさめる。「暴動を―・める」
からだの痛み・症状や気持ちの乱れなどを落ち着かせる。「せきを―・める薬」
神霊を安置する。鎮座させる。また、霊魂などを落ち着かせる。「神を―・める社」「御霊(みたま)を―・める」
寝しずまらせる。
「夜深きほどに人を―・めて出で入りなどし給へば」〈夕顔
[補説]345は多く「鎮める」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

静める/鎮めるの関連キーワード落ち着ける・落着ける涼しむ・清しむ冷ます・醒ます納める・収める静まる・鎮まる治める・収める落とし着く思ひ醒ます思ひ澄ます中世演劇エーギル止動方角春の祭典倉栖兼雄ニョルズ人身御供急き立つ如来唄定める慰める

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android