コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連通管 レンツウカン

5件 の用語解説(連通管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れんつう‐かん〔‐クワン〕【連通管】

二つまたはそれ以上の容器の底を管で連結し、液体などが自由に流通できるようにしたもの。U字管など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

連通管【れんつうかん】

二つまたは二つ以上の容器の底部を管で連結し,液体が自由に流通できるようにしたもの。U字管もその一種。1種類の液体が平衡状態にあるときは,各容器の太さ・形状にかかわらず液面はすべて同一の水平面にある。
→関連項目水準器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れんつうかん【連通管 communicating vessel】

二つ以上の管の底部を連絡して,中に入った液体が自由に移動できるようしたもの。2本の管の底部をつないでU字形にしたU字管やV字形のV字管はその代表的なものである。あまり細くない連通管内で同一密度ρの液体が静止しているとき,二つの管の液面の高さの差hは,それぞれの液面での圧力をp1,p2,gを重力の加速度とすると, h=(p2p1)/ρgで与えられるので,一方の圧力がわかっていれば,hの測定から他方の圧力を知ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れんつうかん【連通管】

二つまたはそれ以上の容器の底を管で連結し、液体が自由に流通できるようにしたもの。 U 字管はその一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連通管
れんつうかん

二つ以上の容器の底を管でつなぎ、中に入れた液体が自由に各容器へ動けるようにした道具のこと。U字管はその典型的な例である。連通管に1種類の液体を入れると、各容器の液面の高さは、容器の管の太さや形にかかわりなくすべて同じになる。これは、静止した流体には圧力しか働かず、その圧力はどの方向にも一定である、というパスカルの原理から理解できる。たとえば、にあるように管A'でつながった二つの容器A、Bに水を入れる。Aの容器の管の面積をsAとすると底面にかかる力は、大気圧を除くとFA=ρhAsA(ρは水の密度)であり、圧力はpAFA/sA=ρhAである。一方Bの容器では、斜線部分の水の重量しか底面にかからない。それ以外の部分の重量は容器の側壁が支えている。したがって、底面の面積をsBとすると、かかる力FB=ρhBsBはAより大きいが、圧力はpBFB/sB=ρhBである。二つの容器を結んでそこに水を入れたとき、A'面での左右の圧力は同じであるからpApBでなければならない。このことからhAhBで、つまり、管の太さや形に関係なく、1種類の液体のときは同じ高さになる。
 このように連通管に液体を入れると、各管の底面の圧力が等しくなるよう液体の高さが互いに調節される。底面の圧力は、液の上面の圧力p0と液の重量からの圧力ρhの和である。ピトー管やベンチュリー管は、液の上面にかかる圧力の差が異なることを利用している。密度の異なる2種類の液体をおのおのの管に入れ、上面の圧力を同じにすると、二つの液面の高さの比は、密度の比によってhA/hB=ρBAとなる。4℃の水を一方にとれば、液体の比重が高さの比から決められる。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の連通管の言及

【圧力計】より

…実際の圧力計測では,測定原理の違いのほか,圧力範囲,精度,用途,使用環境,圧力媒体,動的特性などの違いに応じて,さまざまな構造や形状の圧力計が用いられている。
【各種圧力計の原理,構造】

[液柱型圧力計]
 連通管に水銀,水,油などの液体を入れ,測ろうとする二つの系の圧力を連通管の両枝にそれぞれ導くと,液柱はその重量が圧力の差につり合う高さで停止する。このときの両液面の高さの差(液柱の高さという)を測定して圧力の差を求めるもの(図1)。…

※「連通管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連通管の関連キーワード接続合成分力兼帯重唱重奏相乗多元連語連絡船

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone