コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非金属介在物 ひきんぞくかいざいぶつ nonmetallic inclusion

1件 の用語解説(非金属介在物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひきんぞくかいざいぶつ【非金属介在物 nonmetallic inclusion】

金属材料の内部に存在する酸化物,硫化物などの非金属物質を意味する。とくに鉄鋼材料では製造条件に応じて多種多様の介在物を生ずるので,その種類,形態,寸法などの制御が重要な技術的課題の一つとなる。このため一般に非金属介在物というときには鋼材のそれをさすことが多い。炭化物,窒化物,金属間化合物などは熱処理によって固溶させたり析出させたりすることが容易であるので,一般には鋼中析出物と呼んで非金属介在物と区別するが,両者の境目は明確ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非金属介在物の関連キーワード塩基性酸化物サーメット酸性酸化物水酸化物疎水コロイド焙焼両性酸化物硫化物非化学量論的化合物二硫化物

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone