酷似(読み)こくじ

精選版 日本国語大辞典「酷似」の解説

こく‐じ【酷似】

〘名〙 はなはだしくていること。きわめてよく似ていること。酷肖(こくしょう)
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「福引と云ふものが行はれる。古くから行はれて居る帯引又は宝引と云ふものに(コクジ)して」 〔晉書‐何無忌伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「酷似」の解説

こく‐じ【酷似】

[名](スル)非常によく似ていること。そっくりなこと。「写真で見た人物に酷似している」
[類語]類似共通相似近似似たり寄ったり類縁髣髴似る瓜二つそっくり生き写し丸写しそのまま似通う似寄る似寄り似付く類する肖似疑似空似もどき紛い紛らわしい似非カーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「酷似」の解説

【酷似】こくじ

よく似ている。〔晋書、何無忌伝〕何無忌は、劉牢之のなり。(はなは)だ其のに似たり。

字通「酷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android