コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁嘆場 しゅうたんば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愁嘆場
しゅうたんば

浄瑠璃,歌舞伎の一局面。悲嘆の涙を流す悲劇的場面をいう。親子,夫婦,主従間の生別,死別の場面が多い。浄瑠璃では3段目の切 (→三の切 ) に多く,重要な場として,太夫も役者も力を入れて演じる。これから転じて一般用語ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうたん‐ば〔シウタン‐〕【愁嘆場】

芝居で、登場人物が嘆き悲しむ所作のある場面。転じて、実生活上の悲劇的な局面にもいう。愁嘆。「愁嘆場を演じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうたんば【愁嘆場】

芝居で、嘆き悲しむ所作しよさをする場面。転じて、実生活の悲劇的な場面にもいう。愁嘆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愁嘆場の関連キーワード神明恵和合取組井上播磨掾佐倉義民伝愁嘆・愁歎さらっと愁三重世話場愁い節助六物憂い事篠入り寺鐘難技独吟

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愁嘆場の関連情報