靴の沓(読み)かのくつ

精選版 日本国語大辞典「靴の沓」の解説

か【靴】 の 沓(くつ)

中古、朝賀などの儀式の際、束帯に用いたくつ。黒塗りので作られていて、上部のへりには赤地、または青地の(にしき)を飾り、金銅の金具を付けた革の細ひもで結ぶ。毛の。靴(か)。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※太平記(14C後)一三「其の後大理は、巻纓(まきふさ)の老懸に、赤裏の表(うへ)の袴、靴(クヮ)の沓(クツ)はいて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「靴の沓」の解説

か‐の‐くつ〔クワ‐〕【靴の×沓】

晴れの儀式のとき、束帯に用いた靴。革製、黒漆塗りで、上部を靴氈かせんとよぶ赤地または青地の錦で飾る。足首靴帯かたいという金銅の鉸具かこをつけた革の帯をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android