コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓あく かんあくHan Wo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓あく
かんあく
Han Wo

[生]会昌4(844)
[没]同光1(923)
中国,晩唐の詩人。京兆府万年 (陝西省西安) の人。字,致堯,一説には致光,致元。竜紀1 (889) 年進士に及第。左拾遺,諫議大夫などを経て兵部侍郎,翰林学士承旨にまで昇進。唐末の混乱期にあって王室に忠節を尽し,昭宗に信頼されたが,時の権力者でのちに帝位を奪った朱全忠に憎まれ,地方の小官に左遷された。のち福建省の地方政権 閩 (びん) 国の支配者王審知のもとに身を寄せ,この地で死亡。詩集に『韓翰林集』 (『玉山樵人集』) ,『香奩 (こうれん) 集』がある。前者はその忠節の心情をうたった詩を集め,後者は後宮の女性の閨情をうたった非常に官能的な艶詩を収めたもので,後世その詩風を「香奩体」と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

韓あくの関連キーワードヨハネス興法寺廉居和尚浮屠ニタルドルイ2世グレゴリウス4世セルギウス2世真柄建設公設派遣村小型家電リサイクル紫雲丸沈没事故

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android