コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓あく かんあく Han Wo

1件 の用語解説(韓あくの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓あく
かんあく
Han Wo

[生]会昌4(844)
[没]同光1(923)
中国,晩唐の詩人。京兆府万年 (陝西省西安) の人。字,致堯,一説には致光,致元。竜紀1 (889) 年進士に及第。左拾遺,諫議大夫などを経て兵部侍郎,翰林学士承旨にまで昇進。唐末の混乱期にあって王室に忠節を尽し,昭宗に信頼されたが,時の権力者でのちに帝位を奪った朱全忠に憎まれ,地方の小官に左遷された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓あくの関連キーワード階乗偶数エヌ会昌門没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.会昌の法難

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone