コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順助法親王 じゅんじょほうしんのう

1件 の用語解説(順助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

順助法親王 じゅんじょほうしんのう

1277-1320 鎌倉時代,亀山天皇の皇子。
建治(けんじ)3年生まれ。母は帥典侍(そちのてんじ)。慈道法親王,行円(ぎょうえん)法親王の同母兄。正応(しょうおう)4年出家し,聖護院(しょうごいん)門跡(もんぜき)をつぐ。永仁(えいにん)6年(1298)覚助法親王から灌頂(かんじょう)をうけ,翌年園城寺(おんじょうじ)長吏となった。元応2年10月14日死去。44歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

順助法親王の関連キーワードバイバルスデラ・スカラ家デリー・サルタナット技能実習生赤松則村景愛寺鷲山寺ビスコンティ本土寺ビスコンティ[家]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone