コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順助法親王 じゅんじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

順助法親王 じゅんじょほうしんのう

1277-1320 鎌倉時代,亀山天皇の皇子。
建治(けんじ)3年生まれ。母は帥典侍(そちのてんじ)。慈道法親王,行円(ぎょうえん)法親王の同母兄。正応(しょうおう)4年出家し,聖護院(しょうごいん)門跡(もんぜき)をつぐ。永仁(えいにん)6年(1298)覚助法親王から灌頂(かんじょう)をうけ,翌年園城寺(おんじょうじ)長吏となった。元応2年10月14日死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

順助法親王の関連キーワードバイバルスデラ・スカラ家デリー・サルタナットデリー・サルタナットトゥグルク朝デリー・サルタナットデリー・サルタナットルネサンス史(年表)技能実習生赤松則村

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android