コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須永伝蔵 すなが でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須永伝蔵 すなが-でんぞう

1842-1904 幕末-明治時代の武士,酪農家。
天保(てんぽう)13年生まれ。渋沢栄一従弟一橋家につかえ,慶応4年彰義隊の幹部となるが脱退,徳川慶喜(よしのぶ)にしたがい水戸にゆく。維新後紅茶製造,牧畜などをまなび,明治13年から箱根で牧場耕牧舎を経営した。明治37年8月13日死去。63歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。前名は於菟之輔(おとのすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須永伝蔵の関連キーワード明治時代幕末武士天保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android