コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和知 わち

2件 の用語解説(和知の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和知
わち

京都府中部,京丹波町北部の旧町域。由良川中流域に位置する。 1955年町制。 2005年丹波町,瑞穂町と合体して京丹波町となった。丹波山地の古生層の山地が大部分を占め,平地は少ない。由良川が東から西へ流れ,沿岸には河岸段丘がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和知
わち

京都府中央部、船井(ふない)郡にあった旧町名(和知町(ちょう))。現在は船井郡京丹波(きょうたんば)町の北端を占める一地区。旧和知町は1955年(昭和30)上(かみ)和知、下(しも)和知の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)丹波町、瑞穂(みずほ)町と合併し、京丹波町となる。大部分は標高600メートル前後の丹波(たんば)高地で占められ、由良(ゆら)川とその支流の高屋(たかや)川に沿ってわずかに平地が開けている。JR山陰本線、国道27号は由良川に沿って南北に通じる。農林業を主とし、とくに丹波グリ、丹波黒大豆の産地として知られる。由良川には和知ダムがあり、関西電力の水力発電所が設置される。下粟野(しもあわの)の観音(かんのん)堂が国の重要文化財に指定されている。[織田武雄]
『『和知町誌』全5巻(1988~1995・和知町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和知の関連キーワード京都府船井郡京丹波町大朴京都府船井郡京丹波町角京都府船井郡京丹波町京都府船井郡京丹波町下山京都府船井郡京丹波町曽根丹波〈町〉京都府船井郡京丹波町豊田京都府船井郡京丹波町中京都府船井郡和知〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和知の関連情報