領土主権(読み)りょうどしゅけん(英語表記)territorial sovereignty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領土主権
りょうどしゅけん
territorial sovereignty

領域主権ともいう。領土に対する国家の排他的支配権。国家主権を国民に対する権能の側面からとらえた対人主権と対応する概念。国家はその領土に存在するすべての人および物に対して主権を有する。領土内では国民も外国人もこれに服さなければならない。領土主権は外国人の本国の対人主権に対する優越が認められ,本国は外交的保護権の行使など例外的な権能の行使を認められるにすぎない。また国家は,特別の制限のないかぎり,領土主権に基づき自国の領土を任意に使用,占有,処分することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうどしゅけん【領土主権】

領土に対する国家の主権。他国の支配を受けることなく自国領土内のすべての人と物を統治し、領土を任意に使用・処分する国家の権利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の領土主権の言及

【領域】より

…また,国家は,領域そのものを排他的に使用し占有し,または処分することができる。国家が領域に対してもつこのような権能を,領域主権(領域権)または領土主権(領土権)とよぶが,それは,領域内の人に対する法的支配の権能と土地(領域)に対するいわば所有権的な権能の二つの側面を含むものである。このような意味において主権が領域的であること,すなわち領域を基礎概念として構成されていることが近代国家の特徴である。…

【領土】より

…国家は,領土内にあるいっさいの人と物を,その国の国民であるか否かを問わず,排他的に支配することができ,また,領土そのものを排他的に使用し,占有し,または処分することができる。国家が領土に対してもつこのような権能を,領土権または領土主権とよぶが,それは,領土内の人・物に対する法的支配の権能(統治権――インペリウムimperium(ラテン語))と領土に対するいわば土地所有権的な権能(領土の使用・処分権――ドミニウムdominium(ラテン語))より成り立つ。国家の領土権,とくにそのドミニウム的側面は,歴史的にローマ法の私人の土地所有権の制度の影響を強く受けてきており,今日でも領土の得喪・変更に関する国際法規則にこの点がうかがえる。…

※「領土主権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

領土主権の関連情報