コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭曼単于 とうまんぜんうTou-man Chan-yu; T`ou-man Ch`an-yü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭曼単于
とうまんぜんう
Tou-man Chan-yu; T`ou-man Ch`an-yü

[生]?
[没]前209
モンゴル,匈奴の単于。史料によれば単于を号した最初の人物。オルドスから河北省北方の内モンゴルを本拠とし中国に圧力を加えていたが,が中国を統一し将軍蒙恬 (もうてん) をつかわすとオルドスを失って北方へ移動した。秦末の混乱に乗じ,再び南下してオルドスを回復。頭曼は太子の冒頓 (ぼくとつ。→冒頓単于 ) に代え寵妃の子を太子位に据えることを望み,冒頓の殺害を企図。冒頓を月氏に人質として送り,急に月氏を攻撃したが,冒頓は脱走し,のち彼によって頭曼は殺害された。頭曼はチュルク語,モンゴル語トゥメン tümen (万戸) の音訳であるとする説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

頭曼単于の関連キーワード相隣関係113番元素の発見ジャンニ・インファンティノムエタイ過失致死傷罪ネプツニウム系列福島(県)ボーリウムイヌイット発展途上国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android