コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙恬 もうてん Meng Tian; Mêng T`ien

5件 の用語解説(蒙恬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙恬
もうてん
Meng Tian; Mêng T`ien

[生]?
[没]始皇帝37(前210)
中国,秦の始皇帝に仕えた名将。祖父の蒙ごう (もうごう) は斉の出身で秦に入り,昭王の武将となった。父の武も秦の将軍であり,弟の毅は厳正な官吏であった。始皇帝 26 (前 221) 年から将軍として北方の匈奴の侵入を防ぐため出陣し,その討伐や万里の長城の構築に十余年努力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もう‐てん【蒙恬】

[?~前210]中国、の将軍。前215年、30万の兵を率いてオルドス匈奴(きょうど)を討ち、万里の長城建築にも協力して北辺防備に尽くしたが、始皇帝没後、李斯趙高らの謀略にあい、自殺した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もうてん【蒙恬 Méng Tián】

?‐前210
中国,秦の将軍。斉を攻略した功によって内史となり,前215年(始皇帝32)には30万の大軍をひきいてオルドスを遠征し,臨洮(りんとう)から遼東にいたる万里の長城を修築して上郡(陝西省綏徳県)に駐屯し,その武威は匈奴に振るった。しかし,始皇帝の崩じた後,丞相の李斯(りし)と宦官(かんがん)の趙高に謀られて,死を賜り毒を仰いだ。毛筆の創始者といわれるが,毛筆は以前からあり,彼の作ったのは秦筆で,材料や製法に改良を加えたのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もうてん【蒙恬】

?~前210) 中国、秦の将軍。始皇帝に仕え、オルドスの匈奴きようどを討ち、万里の長城を完成、北辺防備に尽くす。始皇帝の死後、李斯と趙高の謀略により獄死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒙恬
もうてん
(?―前210)

中国、秦(しん)の将軍。先祖は斉(せい)の人。祖父蒙(もうごう)、父武がそれぞれ戦国秦の昭王(在位前306~前251)、始皇帝(在位前247~前210)に将軍として仕え、功績があった。恬も弟の毅(き)とともに始皇帝に仕え、将軍として活躍した。秦が天下を統一する(前221)と、30万の兵を率いて対匈奴(きょうど)戦を開始し、臨(りんとう)から遼東(りょうとう)に至る万里の長城を築く。しかし始皇帝の死後、末子胡亥(こがい)を2世皇帝として擁立した宦官(かんがん)の趙高(ちょうこう)の謀略にあい、始皇帝の長子扶蘇(ふそ)とともに死を賜って、恬は服毒自殺した。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒙恬の言及

【始皇帝】より

…嶧山(えきざん),泰山,瑯琊台(ろうやだい),之罘(しふ),碣石(けつせき)では始皇の功績を石に刻ませている。 前215‐前214年,〈秦を滅ぼすのは胡である〉という讖緯(しんい)を誤解して北辺に蒙恬(もうてん)を派遣し,オルドスに占住していた匈奴を漠北に追い払うとともに,燕,趙,秦の旧城をつないで遼海から臨洮(りんとう)に至る約1500kmに及ぶいわゆる万里の長城を築き,北方民族の侵入に備えた。前214年には陸梁の地を滅ぼして南越三郡(南海,桂林,象)を設置し,コーチシナにまで領土を拡張した。…

【筆】より

…《説文》の〈筆〉の字を見ると,秦ではこれを筆というと解説され,筆の字は元来竹冠がなく,秦以後〈筆〉の字が一般化したと考えられる。《博物志》や《古今注》によると,秦の蒙恬(もうてん)が初めて筆を作ったという。しかし筆またはそれに類したものは,それ以前からすでに存在したので,彼はむしろ筆の改良に貢献した人物とみるべきであろう。…

※「蒙恬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒙恬の関連キーワード王韶拓跋珪白起ロシア遠征最後の将軍坂本財真田幸隆異斯夫南京攻略ムハンマド・ブン・アルカーシム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone