コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過失致死傷罪 カシツチシショウザイ

世界大百科事典 第2版の解説

かしつちししょうざい【過失致死傷罪】

過失によって人を傷害し,または人を死なせる罪。刑法28章に,過失傷害罪(209条。刑は30万円以下の罰金または科料。ただし,被害者等からの告訴がなければ起訴されない),過失致死罪(210条。刑は50万円以下の罰金),業務上過失致死傷罪(211条前段。刑は5年以下の懲役もしくは禁錮,または50万円以下の罰金),重過失致死傷罪(211条後段。刑は業務上過失致死傷罪と同じ)に分けて定められている。刑法は,この場合の過失を,単純な過失と業務上過失および重過失に分け,第1の場合には,生じた結果が傷害か死かによって処罰に差を設けるが,後の二つの場合には,過失の重大さを重要視して,そうした区別をせず,一律に重い刑罰を定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かしつちししょうざい【過失致死傷罪】

過失によって人を負傷させ、または死に至らせる犯罪。業務上必要な注意を怠った場合、または重大な過失がある場合には、刑が加重される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過失致死傷罪
かしつちししょうざい

過失により他人を死亡または負傷させる罪。現行刑法では、第209条が過失致傷(または過失傷害)を、また、第210条が過失致死を処罰している。このうち、過失致傷罪は親告罪である(刑法209条2項)。これらの罪における過失は単純過失とよばれ、第211条の業務上過失、自動車運転過失、重過失と区別されている。たとえば家事、自転車運転、スポーツなどにおける死傷事故での過失が単純過失にあたり、これに対して、企業災害、医療事故など、社会生活上反覆・継続して行われる危険な活動における死傷事故は、業務上過失致死傷罪により処罰されている。自動車運転による過失致死傷事件についても、かつては業務上過失致死傷罪により処罰されていたが、自動車事故が多発し、大きな社会問題となるなかで、2007年(平成19)、自動車運転過失致死傷罪が新設され、これにより処罰されることとなった。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過失致死傷罪の関連情報