頭隠して尻隠さず(読み)アタマカクシテシリカクサズ

  • あたま
  • 隠(かく)して尻(しり)隠(かく)さず
  • 頭(あたま)隠(かく)して尻(しり)隠(かく)さず

大辞林 第三版の解説

悪事や欠点の一部を隠して、全部を隠したつもりでいる愚かさをあざけっていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(キジが、草の中に首を隠して、尾の現われているのを知らないのに比していう) 悪事などの、一部分を隠して、全部を隠したつもりでいるのをあざけっていう。〔諺苑(1797)〕
※洒落本・野良の玉子(1801)一「床がけよりははすがけの、あたまかくして尻(シリ)かくさぬ、客の油断に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

悪事やいたずらなどをして、当人証拠を隠したつもりでいるが、肝心なところで抜かりがあり、すぐに露見するさまをたとえていう。

[使用例] ああこの人間どもは、あんな「逆柱」を一本建てればもうそれでいいと思ってるのか、なんて単純なやつだろう、隠して尻隠さずってところだけれど、それさえ分かんないのだろうか……[庄司薫なんかこわくない|1971]

[解説] 「きじ草隠れ」という古諺があり、「頭隠して」の場合も、明示されていませんが、元来は、雉がから逃れようとしてむらの中に隠れたときに、長い尾の一部が草からはみ出しても気づかないことに見立てたものです。江戸いろはかるたに採録され、絵札には、ふんどし一丁の男が幔幕から尻を出した図が描かれていました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

頭隠して尻隠さずの関連情報