コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎骨腫瘍 がくこつしゅようTumor of the Jaw

家庭医学館の解説

がくこつしゅよう【顎骨腫瘍 Tumor of the Jaw】

[どんな病気か]
 あごの骨の中に、かたい腫瘍(腫(は)れもの)ができる病気です。
 歯をつくる組織から増殖するものと、歯に原因がなくておこるものとがありますが、ほとんどが良性の腫瘍です。
◎歯に原因のある腫瘍
エナメル上皮腫(じょうひしゅ)
 歯が発生するときの組織が変化して、腫瘍となったものです。
 この腫瘍は、しばしば再発するだけでなく、まれに悪性化することがあるので、準悪性腫瘍として取り扱われています。
■歯芽腫(しがしゅ)
 歯が形成されるときに、正常な歯にならず、かたまり状になったものです。
[症状]
 痛まずに、ゆるやかに発育します。
 腫瘍の増大にともなって、あごが大きく腫れたり、歯が動揺してきたり、歯ならびが悪くなったりすることがあります。
 X線検査が診断の決め手となります。
[治療]
 手術で腫瘍を摘出します。エナメル上皮腫の場合には、ときに、あごの骨を切除することがあります。
 また、エナメル上皮腫は、悪性化や再発することがあるので、手術後の定期的な検診が必要です。
◎歯に関係のない腫瘍
 線維腫(せんいしゅ)、線維性骨異形成症(せんいせいこついけいせいしょう)、骨腫(こつしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)、軟骨腫(なんこつしゅ)などがあります。
[症状]
 ゆるやかに発育し、あごの骨が腫れてきます。
 腫瘍の増大にともなって、歯の動揺やかみ合わせの異常(咬合(こうごう)異常)がおこることがあります。
 血管腫では、ときに歯ぐきからの出血がおこり、悪性腫瘍とまぎらわしい症状になることがあります。
 X線検査が診断の決め手となります。
 治療は、手術をして、腫瘍を摘出します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

顎骨腫瘍の関連キーワードX線検査

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android