コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎骨腫瘍 がくこつしゅよう Tumor of the Jaw

1件 の用語解説(顎骨腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がくこつしゅよう【顎骨腫瘍 Tumor of the Jaw】

[どんな病気か]
 あごの骨の中に、かたい腫瘍(腫(は)れもの)ができる病気です。
 歯をつくる組織から増殖するものと、歯に原因がなくておこるものとがありますが、ほとんどが良性の腫瘍です。
◎歯に原因のある腫瘍
エナメル上皮腫(じょうひしゅ)
 歯が発生するときの組織が変化して、腫瘍となったものです。
 この腫瘍は、しばしば再発するだけでなく、まれに悪性化することがあるので、準悪性腫瘍として取り扱われています。
■歯芽腫(しがしゅ)
 歯が形成されるときに、正常な歯にならず、かたまり状になったものです。
[症状]
 痛まずに、ゆるやかに発育します。
 腫瘍の増大にともなって、あごが大きく腫れたり、歯が動揺してきたり、歯ならびが悪くなったりすることがあります。
 X線検査が診断の決め手となります。
[治療]
 手術で腫瘍を摘出します。エナメル上皮腫の場合には、ときに、あごの骨を切除することがあります。
 また、エナメル上皮腫は、悪性化や再発することがあるので、手術後の定期的な検診が必要です。
◎歯に関係のない腫瘍
 線維腫(せんいしゅ)、線維性骨異形成症(せんいせいこついけいせいしょう)、骨腫(こつしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)、軟骨腫(なんこつしゅ)などがあります。
[症状]
 ゆるやかに発育し、あごの骨が腫れてきます。
 腫瘍の増大にともなって、歯の動揺やかみ合わせの異常(咬合(こうごう)異常)がおこることがあります。
 血管腫では、ときに歯ぐきからの出血がおこり、悪性腫瘍とまぎらわしい症状になることがあります。
 X線検査が診断の決め手となります。
 治療は、手術をして、腫瘍を摘出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

顎骨腫瘍の関連キーワード下顎骨上顎鰓骨御悩踵骨何心地不死身顎付き反芻類

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone