コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔のけがと形成外科 かおのけがとけいせいげか

家庭医学館の解説

かおのけがとけいせいげか【顔のけがと形成外科】

 顔にけがをして、少しでも変形や傷跡が残ると、容貌(ようぼう)に関係するだけに精神的負担などの切実な問題になります。
 現在では、形成外科技術が進歩して、こうした問題は、ほぼ解決できるようになっています(「形成外科ここまでできる」)。
 顔のけがの場合、形成外科を受診するのがよいのですが、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)、口腔外科(こうくうげか)、皮膚科などの顔の手術を担当する医師で、そうした技術をもっている人も増えています。かかりつけの医師や医師会保健所などに問い合わせて、しっかりした技術をもったところを紹介してもらいましょう。
 受診するときは、けがをする前の写真を持っていくと、治療の参考になります。
 しかし、いくら技術が発達したといっても、あまり過大な期待をすると裏切られたような気持ちになることもあります。そうして何度も手術をくり返す患者さんもいるようです。
 こうしたことを防ぐには、事前に担当の医師とよく話をして、なにをどうしたいのか、なにができて、なにができないのか、十分に理解してから手術を受けるべきです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android