願以此功徳(読み)がんいしくどく

精選版 日本国語大辞典「願以此功徳」の解説

がん‐い‐し‐くどく グヮン‥【願以此功徳】

連語〙 (「願わくはこの経文功徳をもって」の意)
① 仏語。いわゆる回向文(えこうもん)で最も代表的なもの。自己の修めた功徳をすべての衆生に施して、ともに仏道をまっとうしたいと願う趣意を語る。二種あり、一は「法華経‐化成喩品」にある梵天王の願文「願以此功徳、普及於一切、我等与衆生、皆共成仏道」、一は、中国唐代、善導の「観経四帖疏‐玄義分」にある「願以此功徳、平等施一切同発菩提心、往生安楽国」。後世、これを回向文として、法会(ほうえ)の終わりに唱えるようになった。
※義経記(室町中か)六「念仏高声(こうしゃう)に三十遍ばかり申して、ぐゎんいしくどくと廻向(ゑかう)して」
② (読経の最後に唱える回向文であるところから) 物事の終わり。結末。転じて、しまったの意にも用いられる。南無三宝(なむさんぼう)
浮世草子日本永代蔵(1688)三「(げに)秋の日のならひにてはや暮ておどろき、願以此功徳(グンイシクドク)、空袋かたげてに帰るを見て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「願以此功徳」の解説

がん‐い‐し‐くどく〔グワン‐〕【願以×此功徳】

[連語]《「願わくはこの経文の功徳をもって」の意》
代表的な回向文えこうもんの一句。自分の修めた功徳をすべての人に施して、ともに成仏したいと願うもの。がんにしくどく。
《読経の最後に1を唱えるところから》物事の終わり。結末。転じて、しまった、の意にも用いる。がんにしくどく。
「はや暮れておどろき、―、空袋かたげて都に帰るを見て」〈永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android