風俗の歴史(読み)ふうぞくのれきし

百科事典マイペディア「風俗の歴史」の解説

風俗の歴史【ふうぞくのれきし】

ドイツの文明史家フックスEduard Fuchs〔1870-?〕。全6巻。1909年―1912年刊。中世から近代までの社会生活を性風俗の面からとらえている。フックスは,従来研究の対象となることのほとんどなかった,カリカチュア,エロティック美術,風俗画を精力的に収集し,それによる歴史叙述を試みた。《風俗の歴史》は《エロティック美術の歴史》などと並ぶその結実の一つ。他にドーミエ論などの仕事もあり,W.ベンヤミンは彼を,芸術史を大衆受容側面に注目した先駆者として高く評価している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android