コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風外本高 ふうがい ほんこう

2件 の用語解説(風外本高の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

風外本高

江戸後期の曹洞宗の僧。幼名は泰二、別号に好幽。伊勢円珠院の泰穏について出家、但馬竜満寺玄楼奥竜に師事し、その法嗣となる。浪華円通寺、のち三河香積寺に住し教化につとめた。書画に堪能で月僊・池大雅、さらに元・明の諸家を学んで一風格を成す。晩年は浪華鳥鵲楼に隠棲した。弘化4年(1847)寂、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風外本高 ふうがい-ほんこう

1779-1847 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。曹洞(そうとう)宗。玄楼奥竜の法をつぎ,難波円通寺,三河香積寺の住持をつとめる。のち摂津円通院,出雲(いずも)徳林寺の開山(かいさん)。書画にすぐれ,蛸(たこ)風外とよばれた。弘化(こうか)4年6月22日死去。69歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗姓は平(たいら)。号は好幽。著作に「碧巌録耳林鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

風外本高の関連キーワード日義現成青木行敬混外出三順阿長隠(1)津田鳳卿西村清渓廉山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone