コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風外本高(読み)ふうがい ほんこう

美術人名辞典の解説

風外本高

江戸後期の曹洞宗の僧。幼名は泰二、別号に好幽。伊勢円珠院の泰穏について出家、但馬竜満寺玄楼奥竜に師事し、その法嗣となる。浪華円通寺、のち三河香積寺に住し教化につとめた。書画に堪能で月僊池大雅、さらに元・明の諸家を学んで一風格を成す。晩年は浪華鳥鵲楼に隠棲した。弘化4年(1847)寂、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風外本高 ふうがい-ほんこう

1779-1847 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。曹洞(そうとう)宗。玄楼奥竜の法をつぎ,難波円通寺,三河香積寺の住持をつとめる。のち摂津円通院,出雲(いずも)徳林寺の開山(かいさん)。書画にすぐれ,蛸(たこ)風外とよばれた。弘化(こうか)4年6月22日死去。69歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗姓は平(たいら)。号は好幽。著作に「碧巌録耳林鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android