風蝶草(読み)フウチョウソウ

デジタル大辞泉の解説

ふうちょう‐そう〔フウテフサウ〕【風×蝶草】

フウチョウソウ科の一年草。高さ約1メートル。全体に粘毛があり、葉は手のひら状の複葉。夏、白い花をつける。西インド諸島の原産。白花菜。 夏》クレオメ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうちょうそう【風蝶草】

フウチョウソウ科の一年草。西インド諸島原産。高さ70~80センチメートル。葉は掌状複葉。夏、茎頂に白色の花を総状につける。果実は角状。日本での栽培はまれで、別属の西洋風蝶草が多く栽培される。羊角草ようかくそう。漢名、白花菜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

風蝶草 (フウチョウソウ)

学名:Gynandropsis gynandra
植物。フウチョウソウ科の一年草

風蝶草 (フウチョウソウ)

植物。クレオメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android