飛馬(読み)ヒバ

精選版 日本国語大辞典の解説

とび‐うま【飛馬】

〘名〙
① 江戸時代、旅かせぎの陰間(かげま)。諸国をまわって男色を売る若衆。とびこ。
浮世草子・好色旅日記(1687)四「まるにもかげ馬とび馬あれば、乗こころよきものは、いづれもおなじとたはぶれ」
② 子どもの遊戯の一つ。うまとび。

ひ‐ば【飛馬】

〘名〙 飛ぶように速く走る馬。駿馬。
※大観本謡曲・絃上(1506頃)「帝は飛行の車に乗じ〈略〉師長も飛馬に鞭を打ち」 〔鄭‐同韋舎人早朝詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛馬の関連情報