飛騨山地(読み)ひださんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛騨山地
ひださんち

岐阜県北部から富山県南西部にまたがる標高 1000m前後の峰々が連なる山地。東は神通川,高原川の飛騨山脈と,西は庄川の谷で両白山地と境される。山地は壮年期の地形を示し,谷は深く斜面は急で,地は乏しく,わずかに高山盆地古川盆地,高原川河岸段丘地域などがあるにすぎない。地質は複雑で,古生代中生代花崗岩新生代安山岩などが広く分布するほか,日本で最も古いとされる先カンブリア時代飛騨片麻岩もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android